ES動物病院日記

sp_bn01.jpg

2017.04.27更新

こんにちは。

随分と暖かくなり、気付けばGW間近!どこへお出かけするかとか考えていますか??

そしてこの季節の楽しみといえば様々な植物が花を咲かせてくれることではないでしょうか。

病院前の花壇に植えてある芝桜も見ごろを迎えています☆(ほぼ手入れできていないので、自生しているといっても過言ではありません・汗)

芝桜

さてさて、ワンちゃん・ネコちゃん用グッズの通販カタログ”PEPPY”よりデンタルケア(歯みがきグッズ)のみを厳選したカタログが届きました。

普段の口腔ケアに悩まれているオーナー様には是非一度見て頂きたいグッズが色々と取り上げられています。

病院待合いにありますので、待ち時間などにどうぞご覧ください。

もちろん、お持ち帰り自由です☆

文責:酒巻

デンタルカタログ

 

 

投稿者: ES動物病院

2017.04.11更新

こんにちは!

今日は残念ながらの雨模様です。

満開の桜がちょっと勿体ない…。

さて、最近問い合わせが何度かありましたので、改めてお知らせです。

当院は祝日及び日曜日は診療時間が13時から17時となります。

また、水曜日が休診のため、祝日と重なった場合もお休みを頂いております。

ですので、GW中の診療時間ですが・・・

4月29日(土:昭和の日) 13時~17時

5月3日(水:憲法記念日) 休診

5月4日(木:みどりの日) 13時~17時

5月5日(金:こどもの日) 13時~17時

となります。

なお、平日及び土曜日は平常通り(9時~12時、16時~19時)の診療となります。

ご来院の際はお時間にご注意くださいますようよろしくお願い致します。

文責:酒巻

投稿者: ES動物病院

2017.04.10更新

こんにちは!

前回に引き続きフィラリア予防薬についてです。

続きを書くと言っておいて書かない訳にいかず、焦ってパソコンに向かっています(笑)

前回は予防薬の服用期間についてお話ししました。

今回は予防薬を飲む前に行うフィラリア検査についてです☆

予防薬の処方前には血液検査を受けて頂いていることと思います(通年投与頂いている場合や子犬さんへの投薬の場合は検査の必要がないこともあります)

これはフィラリアに感染しているワンちゃんへの投薬を防ぐために行います。

飲んだけど吐き出してしまった、飲み忘れがあった、服用したけれど、吸収不良があって効果が不十分であった等々の理由により万が一感染が成立してしまっていると、フィラリアはワンちゃんの体内で成長し、心臓内に寄生・ミクロフィラリアという仔虫を産むようになります。

その状態で予防薬を服用すると、ミクロフィラリアが一気に殺滅され、血管に詰まったり、アレルギー反応を起こすなどして、最悪の場合、死に至ることも考えられます。

このような投薬による事故を防ぎ、ワンちゃんをフィラリア症からしっかりと守ってあげる、これがフィラリア検査の目的なんですね。

4月も中旬に差し掛かってきて、狂犬病やフィラリア予防薬を取りにこられる患者様が徐々に増えてきました。

診察には時間にゆとりを持ってお越し下さいね。

文責:酒巻

投稿者: ES動物病院

2017.04.07更新

こんにちは!

今日はあいにくのお天気模様ですが、ようやくこの辺りでも桜が咲き始めました☆

さて、今日は5月より始まるフィラリア予防についてのお話です。

そもそもフィラリアの予防薬を飲む期間はどのように決められているのか、疑問に感じたことありませんか?

服用期間はHDU(Heartworm Development heat Unit)という一日の平均気温から算出される数値の積算から感染開始時期の推定を行い決定しています。

単純に暖かくなったからなんとなく服用するというわけではないんですね。

また、フィラリアの予防薬(飲み薬)は既に体内に侵入したフィラリアの幼虫を駆虫することで感染予防をするものなので、感染時期の開始後、1ヶ月してから飲み始める形となります。何故、12月という遅くまで予防薬を飲む必要があるのか、それは11月に寄生した(かもしれない)フィラリアの幼虫を12月に駆虫するため、ということなのです。

しっかりと12月まで予防薬を服用させてあげて、恐い寄生虫から愛犬を守ってあげましょう!

さて、今回、題名に①と書きました。

続きを書こうと思っているのですが、書けなかったらごめんなさい(汗)

文責:酒巻

投稿者: ES動物病院

TEL:078-904-3311 お問い合わせ