医院紹介

sp_bn01.jpg

スタッフ紹介

院長 尾崎 信介(おざき しんすけ)

飼い主様へ

当院に連れて来られたわんちゃん・ねこちゃんの症状に対して、「わからない」と言うことはありません。必ず何らかの治療方針をご提案させて頂きます。当院で治療が難しい症状につきましては、勤務医時代や研修の際などに培った人脈をもとに、各分野のスペシャリストをご紹介させて頂きます。つまり、当院にご相談頂ければ、基本的にはどんな病気にも活路や光明を見出す手助けをさせて頂けます。


当院の「ES動物病院」という院名は、こうした姿勢や特徴を表しております。「ES」には、「Embryonic Stem cells」の略で「胚幹細胞」という意味と、「Extremely high Standard」の略で「最高基準」という意味が込められております。「ES細胞=胚幹細胞」は、理論上あらゆる体の組織に変化することが可能な細胞で、「万能細胞」とも呼ばれています。当院ではこのES細胞のように、動物たちのあらゆる病気に「万能」に対応する姿勢を持ち、常に「最高基準」の獣医療が提供できるように心がけております。

飼い主様のご希望に沿った治療を行います

わんちゃん・ねこちゃんへの治療方法は1つではありません。その子の性格や生活環境によっても変化させる必要があり、個々にあった最適な治療方法が必要となります。そのためいくつかの治療方法の中から選択肢をすべてご提示し、飼い主様が一番ご納得頂ける方法で治療を進めて参ります。

「もう一人の飼い主」を目指して

飼い主様が連れて来られるわんちゃん・ねこちゃんに、獣医師が「もう一人の飼い主」であると思ってもらうために、そして、できるだけご自宅と同じようにくつろいでもらうために、当院では様々な工夫を凝らしています。


まず、診察の際にはできるだけ時間をかけて、わんちゃん・ねこちゃんとコミュニケーションをはかり、「この人は怖くない」と思ってもらうようにしております。そのため、最初の診察ではできるだけわんちゃん・ねこちゃんが嫌がることは避けるようにしています。また、飼い主様ともたくさんお話しし、わんちゃん・ねこちゃんに「この人は飼い主様の友達」と思ってもらうようにもしております。さらには院内の待合室を家のような内装にしたり、広く設計したりするなど、わんちゃん・ねこちゃんがご自宅で過ごすとの変わりないか、飼い主様のお友達の家に遊びに来ているような感覚でいられるように配慮しております。

こうしてわんちゃん・ねこちゃんにリラックスしてもらうことで、「獣医師に病気を隠そうとする」といった行為を防ぐことができますし、また、ご自宅と同じような動作や仕草を見ることができるので、健康診断時などに獣医師が変化に気づきやすいほか、獣医師が触っても嫌がらないので、より正確な診断が可能となります。

飼い主様の中には、「動物病院に連れて行くとわんちゃんやねこちゃんが怖がってしまってパニックにおちいるため、落ち着いて診察や治療を受けさせることができない」とお悩みの方も多いようですが、当院ではそうしたことは稀です。ほとんどのわんちゃん・ねこちゃんはパニックにおちいることなく、安心して獣医師に体を触らせてくれています。「診察室のドアを開けると、わんちゃんが進んで入って来る」という光景も、当院では珍しくありません。

どうしても緊張してしまうというわんちゃん・ねこちゃんにつきましては、健康な時に何度か遊びに来てもらって、動物病院に慣れてもらうようにしています。動物病院というのは、健康なわんちゃん・ねこちゃんにとっては、「年に1回来て、嫌なことをされて帰る場所」です。それでは、なかなか好きにはなれませんし、リラックスすることも難しいでしょう。ですので、いざ病気になった時にスムーズに連れて来られるように、怖がりなわんちゃん・ねこちゃんの飼い主様は、是非、何でもない時に連れて来てあげて、当院に慣れさせてあげるようにしてください。

経歴 
平成14年3月 麻布大学獣医学部獣医学科卒業
平成14年4月 川崎アニマルメディカルセンター勤務
平成18年4月 獣医教育先端技術研究所勤務
平成20年5月 藤井寺動物病院勤務
平成23年 UC Davis Teaching Hospital研修
平成23年 Veterinary Medical and Surgical Grope整形外科研修
平成24年4月 北摂夜間救急動物病院 葉月会画像診断センター勤
受講セミナー
平成18年 腹部超音波研修修了
平成20年 画像診断レジデントプログラム修了
平成20年 AO VET Small Animal Principles Course受講
平成20年 心臓超音波研修修了
平成20年 Synthes TPLO Seminar for expert受講
平成20年 Synthes plating seminar受講
平成21年 Kyon TTA Seminar受講
平成22年 AO VET Small Animal Masters Course受講
平成23年 AO VET Small Animal Advances Course受講

副院長 酒巻 大策(さかまき だいさく)

経歴 
平成21年3月 大阪府立大学農学部獣医学科卒業
平成21年4月 獣医教育先端技術研究所(iVEAT)にて、インターンとして勤務。腹部超音波実習および心エコー検査実習終了
平成22年4月 ノア動物病院にて、代診として勤務
平成26年4月 ES動物病院にて、代診として勤務

スタッフ紹介

獣医師 尾崎 絵里子  
看護師 沖田 智恵子 
    平尾 康江 
    小野 智子 
    小野 有紀
    福山 未来
    長沼 愛実

病院概要

院名 ES動物病院
住所 〒651-1411 兵庫県西宮市山口町名来2-6-21
TEL 078-904-3311
最寄り駅 神戸電鉄「田尾寺駅」

アクセス

お車でお越しの飼い主様

西宮北インターチェンジから三田方面に向かって約2分

(176号線沿い)三田や神戸北区方面、名塩、さくら台、六甲台からもアクセスに便利な病院です。
広めの駐車場を12台完備しておりますので、お気軽にご来院ください。

診療時間

診療時間日/祝
9:00~12:00 ×
16:00~19:00 ×

△…日曜・祝日は9:00~12:00
休診日…水曜

※原則として、上記の時間以外は診察を行っておりませんが、当院の患者様に限り救患のみ可能な限り対応させて頂きます。ご来院前に、必ずご連絡頂くようお願い致します
※当院に連絡が付かない場合は、「北摂夜間救急動物病院」をご利用ください。

北摂夜間救急動物病院

住所 〒562-0035 大阪府箕面市船場東2-3-55
TEL 072-730-2199

初めて受診される方へ

  • これまでかかったことのある病気や、受けたことのある手術・治療、各種予防(混合ワクチン、狂犬病、フィラリア、ノミ・ダニなど)の履歴をご確認の上、ご来院ください。
  • 現在、他院にて治療中の病気や、飲んでいるお薬、レントゲンや血液検査などの結果がある場合にはお申し出ください。
  • 当院の診療は予約優先制ですので、電話予約やWEB予約からご予約の方、宜しくお願いします。なお、急患の場合はこの限りではありません。

飼い主様へお願いしたいこと

  • わんちゃんは必ずリードを付けるか、キャリーケースなどに入れてご来院ください。
  • ねこちゃんはキャリーケースなどに入れてご来院ください。
  • 他の動物が苦手な飼い主様や、動物もおりますので、リードは短く持ち、他の方のご迷惑にならないようにお願い致します。
  • わんちゃん・ねこちゃんをお連れになる際は、できるだけ動物の症状に詳しい方がお越しください。また、お連れになった動物をしっかり抑えることのできる方、慣れてらっしゃる方と一緒にご来院ください。
  • 噛み癖があるなど、攻撃的なわんちゃん・ねこちゃんや、怖がりな動物をお連れになる場合には、受付時かご来院前にご相談の上、受診するようにしてください。

設備案内

院内写真

待合室

飼い主様やわんちゃん・ねこちゃんのストレスをできるだけ軽減するために、待合室を広く設計しております。

第一診察室

第一診察室には昇降機能が付いた診察台を備えております。大型のわんちゃんでもストレスなく診療を受けて頂くことができます。

第二診察室

第二診察室では、主に小型のわんちゃんやねこちゃんの診療を行います。

レントゲン室

レントゲン検査や超音波検査などを行います。

処置室

わんちゃん・ねこちゃん専用の処置台とシンクを設置し、各種処置を行います。また、血液検査などの各種検査を行うラボが併置されており、処置と検査が同時に行えるように設計されています。また、ここでは調剤なども行います。

手術室

手術のほか、内視鏡検査および内視鏡による処置、Cアームによる透視画像検査なども行います。

入院施設について

入院室

入院室にはネットワークカメラが設置されておりますので、常に入院中のわんちゃん・ねこちゃんの様子をチェックすることが可能です。

大型犬用犬舎

大型のわんちゃん用の入院施設です。大型犬でも十分な広さがあり、ストレスなく過ごして頂けます。

猫舎

ねこちゃん用の入院施設です。

TEL:078-904-3311 お問い合わせ