皮膚病について

sp_bn01.jpg

わんちゃん・ねこちゃんの皮膚病

わんちゃん・ねこちゃんの皮膚病は、飼い主様の目につきやすいということもあって、動物病院でもよく治療を行う病気の1つです。皮膚病は寄生虫、真菌などのカビ、アレルギーのほか、生まれつきの体質によるものや、免疫の異常、ホルモンの異常、腫瘍など様々な原因から発生します。そのため、適切な治療を行うためには、皮膚病の原因を的確に診断することが大切です。当院では、症状が現れている部分にスライドガラスをあてて、染色し、黴菌を確認する「スタンプ検査」や、毛を数本抜くことで毛穴のダニを確認する「抜毛検査」などにより的確に診断し、皮膚病を治癒に導いていきます。

腫瘍が疑われる場合には、生検検査を行います

皮膚病と思われていたものが、検査の結果、腫瘍であったということもあります。皮膚の腫瘍は進行が早いため、気づいた時にはすでに手遅れだったというケースも少なくありません。そのため当院では、腫瘍が疑われる場合には、手術で皮膚を切除して生検検査を行う場合もあります。そのほか、食物によるアレルギー性皮膚炎が疑われる場合には、ごはんを低アレルギー食に変えてもらう除去食試験などを行います。

こんな症状にご注意ください

  • 体をかゆがっている
  • 皮膚が赤い
  • 皮膚に発疹がある
  • よく毛が抜ける

わんちゃんによくみられる皮膚病~犬種別~

シーズー

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • マラセチア皮膚炎
  • 膿皮症
  • 疥癬症

など

柴犬

  • アトピー性皮膚炎
  • アレルギー性皮膚炎
  • 脱毛症
  • 急性湿疹
  • 膿皮症

など

ミニチュア・ダックスフンド

  • アレルギー性皮膚炎
  • 食餌アレルギー症
  • 甲状腺機能低下症
  • 急性湿疹
  • 耳介脱毛症

など

チワワ

  • アレルギー性皮膚炎
  • 食餌アレルギー症
  • マラセチア皮膚炎
  • 甲状腺機能低下症
  • 膿皮症
  • 皮膚脈管炎

など

トイプードル

  • アレルギー性皮膚炎
  • 食餌アレルギー症
  • マラセチア皮膚炎
  • 甲状腺機能低下症
  • クッシング症候群
  • 急性湿疹
  • 膿皮症

など

ねこちゃんによくみられる皮膚病~猫種別~

アメリカン・ショートヘア

  • アレルギー性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 耳疥癬虫
  • 外耳炎

など

アメリカンカール

  • アレルギー性皮膚炎
  • 外耳炎

など

スコティッシュ・フォールド

  • アレルギー性皮膚炎
  • マラセチア皮膚炎
  • 自己誘発性脱毛
  • 外耳炎

など

ソマリ

  • アレルギー性皮膚炎
  • 白癬

など

ペルシャ(チンチラ)

  • アレルギー性皮膚炎
  • 食餌アレルギー症
  • ノミアレルギー性皮膚炎
  • 白癬
  • 間擦疹
  • ツメダニ症
  • 外耳炎

など

マンチカン

  • アレルギー性皮膚炎
  • 食餌アレルギー症
  • 耳ダニ

など

アレルギー性皮膚炎のわんちゃんには、ハーブ浴がおすすめです

当院では、アレルギー性皮膚炎のわんちゃんに対して、ハーブ浴を行っております。この治療により、毛が生えて来たり、ステロイドや抗生剤などのお薬を使用しなくても症状がきれいに治癒したわんちゃんもおりますので、ご希望の方はお気軽に当院までご連絡ください。

TEL:078-904-3311 お問い合わせ